読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkak's tech blog

This is my technological memo.

RHEL6系/CentOS6系のファイルパーミッションのdot「.」をなくす方法

RHEL6系/CentOS6系から、selinuxの管理下にあるファイルにはファイルパーミッションにdot「.」がつくようになってます。

[root@localhost ~]# ls -ld /etc
drwxr-xr-x. 57 root root 4096 Jan  4 13:21 /etc

selinuxを無効化しても、元々あったファイルにはドットがついたままなので、
なんか気持ち悪い感じ…。

いろいろ調べたら、ファイルの拡張属性security.selinuxが残ってるのが原因っぽいです。

このdot「.」を消すためには、ファイルの拡張属性を設定するsetfattrコマンドを使います。

[root@localhost ~]# getfattr -m - /etc
getfattr: Removing leading '/' from absolute path names
# file: etc
security.selinux

[root@localhost ~]# setfattr -x security.selinux /etc
[root@localhost ~]# getfattr -m - /etc
[root@localhost ~]# ls -ld /etc
drwxr-xr-x 57 root root 4096 Jan  4 13:21 /etc

全ファイルに対して設定する場合は下記を実行します。
(再帰的にコマンドを実行するオプションがないので、findでごりっとやってます。)

# find / -exec setfattr -x security.selinux {} \;